« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の2件の記事

2010年7月24日 (土)

ロハンとまったく関係なくても気にしない

あまりにも真夏のアルティメットBOXが当たらない上、和合がぜんぜん売れずモールインベントリが爆発しそうなのでロハンはもうダメです。

和合10mでいいんで誰か買ってください。

※ロハンの話はもう終わりですので、退去願います。早くしろ、手遅れになるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 










まあそんな感じでロハンに限界を感じ、部屋の片付けをしつつ、積みゲーや未開封で放置してたフィギュアを開封したりして遊んでいました。

部屋の片づけが終わった頃、ごちゃごちゃしてた私のフィギュアスペースもきれいさっぱりになりました!

 

 

1

というか未開封で放置してたフィギュアがあまりに出来が良く、速攻で他のフィギュアを払い退けてディスプレイしてしまいました。

右側のやつはちょっと残念な出来でしたが、中央のは凄い。

私は基本、キャラではなく完成度でフィギュアを衝動買いするタイプなので、こういうフィギュアと出会うと嬉しくなります。

 

 

1_3

元々ガレキだったのを、同じ原型で量産化したようですが、こういうの最初に作る人って凄いですよね。

ぶっちゃけフィギュアを作るとか、変態的な趣味と見られる事が常だと思いますが、ここまで来るとある種の芸術と言ってもいい気がします。

 

 

 

2_2

原型師のチラリズムへのこだわりが形となって現れたかのような、鉄壁の防御力を備えたスカート。

元々のキャラ設定ではドロワーズをはいている筈ですが、そんな事はお構いなしでした。

やましい気持ちはないですが、こんな写真を撮っている姿を人に見られたら死にそうです。

 

 

 

Photo_2

帽子は着脱可。東方キャラは記号の集合体なので、帽子ひとつとっただけでかなり新鮮。

以上、「闘え!あおのフィギュアレビュー」でした。次回の活躍にご期待ください。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

最近の流行

最近、ナウなヤングの間で流行っているロハンの楽しみ方を紹介します。



その名も「フル課金観戦」。

やり方は簡単、フル課金して平日タウンに参加するだけ!


ポイントは足取り100%と忍者の秘法を準備する事。

この二つを常時使用する事により、フル課金とあいまって、安全にタウンを観戦する事が出来ます。

もう凶暴なタウン参加者どもを恐れる心配はありません。

しかし気をつけるべきはハイドを暴くダークアイズ等のスキルです。

周囲のキャラのバフアイコンには細心の注意を払う必要があります。

平日とはいえ屈強な戦士たちが獲物を探して走り回るタウン戦、発見されれば命は無いでしょう。

このスリルもフル課金観戦の醍醐味です。


このように、目前で繰り広げられる熱い戦いの緊張感を共有しながら観戦できるという事が最大のメリットではありますが、このフル課金観戦にはもうひとつの驚くべきメリットが存在します。

なんと観戦に飽きたら、すかさず乱入していくことが出来ます!

こんなインタラクティブな観戦は見たことが無い!

例えるならば、サッカー観戦をしている最中、興奮してピッチに飛び出してボールを奪っても許されるサッカー観戦です。

どう考えてもプロからボールは奪えないと思いますが、画期的である事はご理解頂けたと思います。

フル課金しているため、ひとりでもそこそこ頑張れますし、死角の無い、自由自在な楽しみが方を満喫できる、すばらしいプレイ方法です。

普通のタウンじゃもう満足できねぇ!という人は、是非一度お試しください。



追伸。

この遊び方には見落としがちな落とし穴が存在します。

私のブログなんぞを見に来ているような、ある種上級者な方々であれば、もしかしたらもうお気づきかもしれませんが・・・。


実はこれ、無駄にお金が掛かります。

おそらく運営が仕掛けた巧妙なトラップでしょう。気をつけてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »